大分県由布院温泉の宿「時のかけら」


時のかけらの施設紹介(外観編)

gaikan1.gif

由布院温泉『時のかけら』の施設紹介(外観編)をしたいと思います。
上は『時のかけら』本館で一般の民家をスタッフでリフォームしたものです。
貰ってきた材料などを使ってスタッフが自作しているのですが、
本当に自作したのっていうくらい見事な仕上がりになっています。
そちらの方は施設紹介(内観編)で紹介したいと思います。

gaikan2.gif

こちらはニワトリ小屋です。
多国籍なニワトリさんがたくさんいます。
朝から夜まで放し飼いされていてミニブタのジューシーやピニャと戯れています。

gaikan3.gif

こちらは私が『時のかけら』に宿泊した時に作り始められたものです。
円形の素掘りされたところに小川の水を取り込む工夫をされていたので、
ここで子供たちが水遊びできるようにするのかなって思っていました。
『時のかけら』はとにかく敷地が広いので動物たちと戯れたり、
水遊びしたり走り回ったり景色を眺めたりできるので、
子供たちは大はしゃぎすると思いますよ。
まさにオンリーワンの宿です。


gaikan4.gif

こちらは宿から見た由布岳と目の前の中学校です。
由布岳は山の上に2つの尖った部分があるのが特徴ですね。

gaikan5.gif

これは私が近所をジョギングしたときに撮影した別の角度の由布岳。
大分川の橋の上から撮影しました。
この写真は3月下旬に撮影したものですが、
同じ場所から撮影しても四季折々景色が変わるんだろうなって思いました。
由布院(湯布院)って本当にのどかな場所でとても癒されます。


時のかけらの動物紹介

juicy.gif

大分のDash村こと『時のかけら』の動物たちを紹介します。
上は『時のかけら』の親分ジューシー
いかにも美味しそうな名前だけど食べることはできません(笑)
見ての通りミニブタですがkazさんやタケシさんに従順です。
宿泊した子供たちはジューシーの背中に乗って遊んだりしています。
ニワトリの産んだ卵を食べてしまうのが玉にきず(^_^;)

pina.gif

こちらはミニヤギのピニャ
スペイン語で「パイナップル」の意味なんだって。
キャットフードが大好きなミニヤギちゃんです。
ミニヤギがキャットフードを好むなんて笑ってしまいますねψ(`∇´)ψ
kazさんは「頭の角は危険だから取るかもしれない」と言っていたけどどうなったのかな???
取ってしまうのは可哀想だけど子供たちの安全を考えたら仕方ないのかも。。。

chicken.gif

そしてニワトリたち
ポーランドや中国など多国籍なニワトリちゃん。
広い庭を朝から夜まで楽しく駆け回っています。
これだけのニワトリを管理するのはホント大変でしょうね(^_^;)

あと猫の「にゃあ」がいるんですが写真を取るのを忘れてたのでアップできませんでした。
にゃあ、ごめんねm(__)m

このような動物たちがあなたのご宿泊をお待ちしています。
お友達、御家族と一緒に『時のかけら』へお越し下さいm(__)m


『時のかけら』の若きオーナー

kazu.gif

大分県のおすすめの温泉宿『時のかけら』についてご紹介致します。
『時のかけら』のオーナーはkazさん(写真右)といいます。
20代で民宿のオーナーになった若き実業家さんです。
ホント尊敬しちゃいますね( ;゚Д゚)

kazさんは新潟県出身。
九州のとある大学に在学していたころ「九州にDash村を作りたい」という思いから
大分県の由布院へ移り住み「Dash村+温泉宿」を始められました。
写真にも少し写っているように豚やヤギ、ニワトリを飼育しながら「九州のDash村」を
楽しく経営されています。

写真左側はkazuさんをサポートするタケシさん。
タケシさんは実は大学生なんです(マタビックリ ;゚Д゚)
『時のかけら』で寝食を共にしながらkazさんをサポートしているんですよ!

スタッフは基本的にはこの2人なんですが、
いつもkazさんのお友達が何人かお手伝いにきてくれます。
kazさん、タケシさん、お手伝いさんまで若くて素直な好青年ばかり。
こんな宿は探してもなかなか見つからないでしょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。